読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと。

とある人が言ってました。同じ条件でも、周りのことを考えて、いただくものはいただいたほうが気持ちとかありますが、でもそれは頭脳明晰のほうが頭がいいといってました。確かに周りの状況としては、そのようなしたたかな人や、アドバイスをする人もいると思いますが、じゃあそれではその組織というか頭脳明晰での中に入っている人は、その秩序としては、同じことを考え、そして、行動すると思います。社会は一人ではやって行けないのですから、それは認めます。ただ個人としてでは、その頭脳明晰のほうが早いということです。回りの条件を考えるとそのようなことも見えますが、本来はというと、明晰者のほうがダントツです。

 

でも私は最初から、しづかでしたから、といえば、理解できると思います。それって必要な言葉弟子、その友達で、気が合うということですよね。今まで、友達と付き合ったことがないのかな。と思います。理解できない。

 

また、必要なことしかいわない人もいますね。肝心なことをいわず必要でもないことをいい、だらだらとしているということです。その一言で、わかる人は多いのに、かなりの場違いな言葉で振り回している。そして、自分がいいことをしたと傲慢で、えらそうにしているのを見て、頭にきます。はあt。という感じです。だって、ほかが気が利くから、とか頭がいいから、ほかで聞いたとかさまざまなのに、自分のおかげなんて、まったくといってしんじられないです。えっという感じで、目を疑ってしまいます。

そのような人たちが密教をやっていたわけですから、おかしくなって当然です。だって常識レベルがまったくといっていいほど違いすぎます。知ってるわよ。と我慢の限界でこっちがおかしくなります。それで、よくしているなんて、おごり、高ぶりでしかないのに、信じられない。はあっっ。てかんじです。それで、こっちの気分が損なわれるなんて最低です。いやだね。気分悪いと席を立ったほうが自分のためです。添えで恥なんていっている人も要るんですから、信じられない。

 

用は明晰者が動いているなら、私たちは何をどのように考えるべきでしょう。それさえも防がれていたのですからさらに輪をかけて、頭にきています。これは切れるよね。本当に我慢の限界が来たときは、脳梗塞や頭の病気になります。それでもって、真理との縁がなんていわれても、でも、SBDの多くの教養は広まっていませんから、わからなくて当然です。本当に勝手にしろという感じで、排斥というか無視して、こちらだけという形をとりたくなります。でもやっても、その相手方のそのあいた何か、ずれなどを利用して、また混乱な世の中にしようとしているわけですから。あー最低。

とあるテレビドラマにもありました。本来重要な話は、料亭やいいところなのに、べつのコーヒー屋産のようなお店でした。そのぐらいやってやれという感じです。ちなみにその社長は頭脳明晰ですが、ほかはです。でも、出向の人も痛みたいですが、いいこと言いますよね。その人がいなければ、その話はおじゃんでしたから、あまり馬鹿にしないでほしい。人間失格だなんて、あー頭にくる。性格も伴ってからきてくださいという感じです。仕事もすべて。そして、馬鹿にされたからということで、見返しとしてやった。確かに。しかしね、。事実は事実ですから。それで、心。私たちでは、事務の概要はさほど、どこも変わりありませんから、ということです。