読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつの間にかに。

今までの垢が積もって、いつの間にか疲労を呼んでしまいますが、少しずつですね。しかし、色々なことがわかりました。結構あったようで簡潔に言えば、少ない数のものがいくつかです。それをりかいできるかどううかです。そして、その状態はと言えば、全く普通のことです。今までの生活と同じ状態の中ですので、よく、誹謗は聞きますが、まさしくそれです。

それから、少しずつ、チェックをしつつ、やっていき、仲間同士で、縁を深めることが大切です。正しい修行をしつつ、クリアしていく方が身に付きます。今までは違った状態でいたので、悪い癖がついてるかもしれません。よって、自分のためにも必要な時間です。要は躾の問題ですので。

そうすることにより、いつ、いかなある所でもわかるということです。それから、それぞれの状況での対応も変化が起こりますので、こちらが、どのようなながれに、なるかということです。経済と同じです。それから、だんだん大きくなっていけば、基盤がしっかりしているので、壊れるコオともなく、それぞれが、対応できるはずです。

 

上からやれば、うまくいくと神道の教えにもあります。今だから、時間もかかるということです。それを理解しないと、不満や、クレームが多くなります。人は勝手ですから。その思いも理解できずに、言う人は

多いです。円滑に進むにはです。そのマナーも知らずに、一方的の意見ばかりで、話にもなりません。

 

上からやれば、起こる問題もおおりません。それだけの配慮もせずに、下からなんて、または、宗教のためとありますが、それは間違っています。多くの感情や、見方がありますので、それは、心でありますが、そのなかでも、嫉妬や闘争があります。それを克服するため、自分の心の内のために宗教はあるのにそれを活用し、自分のためだけに多くの人が振り回されているのが状態です。

多くは、悪くなってから、不平、不満を言います。き危険回避ということができないと言うことおは、何ををしても、むりということでしょう。じ自分の生活も同じです。それをしあわせボケとは、ただの嫉妬、それとも、挑発、妬みでしょうか?自分はやっているんだからといいつつも、自分の嘘の上乗り、それかです。それを見ていると、言葉巧みに使っている怖さです。それは、昔からの日本の躾と同じです。人をばかにすると言うことが理解できてないのかもしれません。結局は

おやのしつけがわるいのですね。も                                                                                                                        宗