読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はお風呂です。

デトックスしてきました。とても気もちよかったです。狭いお風呂より、たまには広いお風呂屋さんで気持ちを豊かにすることも必要かもしれません。

 

そこには、人との接点もありますし、会話をすることで、ストレスもなくなりますので、人との接点を持つひとつの手段だと思います。それで、病気も防げたらこれこそ幸せです。やはり、家でいるよりも、行動したほうが自分が壊れなくて済みます。

 

亡くなった父はよく言ってました。悩むより働けと。グチグチ言っているなら、そんなことより、働けと言ってたことがありました。おかげで、くよくよはしますが、ドツボにはまることなくいます。その教えの鉄則として、考えても仕方ないと、其れよりも、行動だということで、ぶらぶらが始まりました。しかし、その行動範囲がまずかったですが。時間がかかった分だけ重いも深いので、それを消化するまででしょうか?だって人間ですもの。と私の肯定です。悪い意味ではなく、良い意味での人間だものです。

 

思いは人それぞれあります。ので、肯定しないと後悔に変わります。よって、愚痴やあの時という、不平不満にも変わりかねません。なので、納得しつつ、はめを外さないようにしながら行けばいいと思います。これは、知恵かな。

いずれ、その鉄則でやっていけば、昇華はすると思います。その時にさらにまた後悔が残らないようにしていけば、濃厚な人生が遅れるのではないでしょうか?それが、本来の人生であり、その人の魂の質を上げていくことなのかもしれません。だって、時は戻ってこないのですから。だけど、悔しいですが、その思いをジャンプ台にして、肥やしにしていくしかありません。なにくそ根性ですね。いいんじゃないですか?なくくそで、其れで、勝てばいいんですから?だけど、そこで無理をするのは違いますが、焦りもわかります。しかし、マイペースであって、マイペースでないということです。受験みたいなものです。

 

結局、勝ち誇るしかないですね。しかし、相手も人間、其れこそ、逆恨みもあるかもしれませんので、気を付けないと、抜かれます。それはどんな形かわかりませんが。でも、これは昔から、同じことですよね。人にしといて、言わないとわからない人が多いので、その点、人との接点の持ち方を気を付けといたほうがいいと思います。そのような人には、一言多く行っといたほうが逆恨みがありません。黙っていると、自分がしたのに、逆恨みをします。